ひとり時間を快適に過ごせる部屋

一人暮らしなのですから、誰にも気兼ねは要りません! カタいこと抜き! とにかく自分がくつろげる空間にしましょう。「ベッドに寝転がりながらテレビを見たい」「お酒を飲みながら音楽をききたい」「とことんゆっくりバスタイム」など、一番好きなことを実現できます。

その先にあるのは二人暮らし

男性でも女性でも、家族と一緒に住んでいる人より、一人暮らしの方が断然、恋人を見つけやすくなります。最初は前述のように、友達同士で家飲みパーティなどで気軽に部屋を訪れてもらえます。出会いを増やすためには、男女問わず、料理ができると強いようです。

照明にはもっと可能性がある

夜になったときに部屋を明るくするだけが照明の役割ではありません。部屋のインテリアの重要な要素として、光を取り入れましょう。また、照明で演出するためには、家具や部屋の飾りつけは少しシンプルに押さえたほうが効果的です。

グリーンを効果的に使うコツ

植物の鉢などで部屋にグリーンを取り入れると、部屋にくつろぎや爽やかさを与えてくれます。

ひとり時間を快適に過ごせる部屋

自分の居心地が一番大事

一人暮らしなのですから、誰にも気兼ねは要りません! カタいこと抜き! とにかく自分がくつろげる空間にしましょう。「ベッドに寝転がりながらテレビを見たい」「お酒を飲みながら音楽をききたい」「とことんゆっくりバスタイム」など、一番好きなことを実現できます。「好きなコト、好きな時間」をもっと充実させるような、インテリアの工夫をすればもっと楽しめます。ベッドや寝具を選んだり、かわいいサイドテーブルを置いたり。お酒を飲むときには照明ひとつでぐっと雰囲気が変わります。浴室だって好きなモノで演出。

機能的な部屋でエコと節約

必要な持ち物を厳選して部屋をスッキリ、自分の部屋で過ごすのが一番リラックス、お金をかけない楽しみもたくさん見つかります。キッチンを使いやすくすることで、自分で料理することが楽しくなれば、健康にもお財布にも優しい暮らしができます。お友達や恋人ともご飯を食べたり、DVDを見たり、お部屋での時間が最高。「エコ」も「節約」も実現できます。

勉強やエクササイズも

リラックスするだけでなく、目標をもって頑張る時間も大切。一人だとついついだらっとしてしまいがちですが、しゃきっと気分よく勉強やエクササイズができるような、「集中力が高まる部屋」「やる気、元気がでるインテリア」があなたの頑張りを応援します。