ひとり時間を快適に過ごせる部屋

一人暮らしなのですから、誰にも気兼ねは要りません! カタいこと抜き! とにかく自分がくつろげる空間にしましょう。「ベッドに寝転がりながらテレビを見たい」「お酒を飲みながら音楽をききたい」「とことんゆっくりバスタイム」など、一番好きなことを実現できます。

その先にあるのは二人暮らし

男性でも女性でも、家族と一緒に住んでいる人より、一人暮らしの方が断然、恋人を見つけやすくなります。最初は前述のように、友達同士で家飲みパーティなどで気軽に部屋を訪れてもらえます。出会いを増やすためには、男女問わず、料理ができると強いようです。

照明にはもっと可能性がある

夜になったときに部屋を明るくするだけが照明の役割ではありません。部屋のインテリアの重要な要素として、光を取り入れましょう。また、照明で演出するためには、家具や部屋の飾りつけは少しシンプルに押さえたほうが効果的です。

グリーンを効果的に使うコツ

植物の鉢などで部屋にグリーンを取り入れると、部屋にくつろぎや爽やかさを与えてくれます。

友達を呼んで楽しもう

友達と家飲みが楽しい!

家飲み派が急増しています。一人の時間にお酒でくつろぐ人ももちろんたくさんいますが、友達との家飲みも楽しくて、病み付きになってしまいます。家飲みのいいところは、まず第一に何と言ってもお金がかからないこと! それに、友達同士ならそれぞれの好みの飲み物を選べます。二つめは帰りの電車の心配がいらないことです。終電を気にせずに仲良しの友達に泊まってもらって飲み明かしたら、ストレスもすっかり解消です。一人暮らしを豊かにするために、友達の存在は欠かせません。

友達が呼べる部屋

「居心地がいいからまた来たい!」とみんなに思ってもらえるような、お洒落だけど落ち着けるインテリアにしたいもの。椅子やカウチのほか、低いテーブルがあって床にも座れるようになっていると、少し人数が増えても大丈夫。賑やかなことが好きな人なら、気軽なパーティ上手になりましょう。人を招くと、必ず家を掃除して片付けるようになります。だから自分にとっても快適な空間がキープできるというメリットもあります。

自慢したいインテリア

上級者はさらにステップアップして、友達に感心してもらえる上質のインテリアに。グリーンや照明で演出すれば家飲み時間がランクアップ。「エスニック」「モダン」などのコーディネートにも挑戦してみましょう。