ひとり時間を快適に過ごせる部屋

一人暮らしなのですから、誰にも気兼ねは要りません! カタいこと抜き! とにかく自分がくつろげる空間にしましょう。「ベッドに寝転がりながらテレビを見たい」「お酒を飲みながら音楽をききたい」「とことんゆっくりバスタイム」など、一番好きなことを実現できます。

その先にあるのは二人暮らし

男性でも女性でも、家族と一緒に住んでいる人より、一人暮らしの方が断然、恋人を見つけやすくなります。最初は前述のように、友達同士で家飲みパーティなどで気軽に部屋を訪れてもらえます。出会いを増やすためには、男女問わず、料理ができると強いようです。

照明にはもっと可能性がある

夜になったときに部屋を明るくするだけが照明の役割ではありません。部屋のインテリアの重要な要素として、光を取り入れましょう。また、照明で演出するためには、家具や部屋の飾りつけは少しシンプルに押さえたほうが効果的です。

グリーンを効果的に使うコツ

植物の鉢などで部屋にグリーンを取り入れると、部屋にくつろぎや爽やかさを与えてくれます。

照明にはもっと可能性がある

照明で光をコントロール

夜になったときに部屋を明るくするだけが照明の役割ではありません。部屋のインテリアの重要な要素として、光を取り入れましょう。また、照明で演出するためには、家具や部屋の飾りつけは少しシンプルに押さえたほうが効果的です。

間接照明にしよう!

間接照明の一番簡単な方法のひとつは、「壁を照らす」ことです。壁に光を当てると部屋に奥行きが感じられて広く見えるという効果もあります。市販のスポットライトをシンプルな白い壁に向けて照らしても十分に雰囲気のある部屋になりますが、照らすものとしてグリーンやお気に入りのオブジェでも素敵です。間接照明は、ひとつだけでなく二つ以上をバランスよく組み合わせます。

存在感のある照明が欲しい!

インテリアショップなどで最新の照明器具を見ると、様々な種類が出ています。特にエコ対応のLEDライトの照明は種類豊富です。一人暮らしの部屋では、持ち運べる、あるいは取り付けや取り外しが簡単な「スポットライト」「フロアライト」などが取り入れやすいでしょう。

照明で癒し効果

間接照明は直接証明よりも高い癒し効果があります。寝る前のひとときに間接照明を取り入れると、ぐっすり、よい眠りにつけます。さらに雰囲気を出したいときには鎮静効果も高まるロウソクがおすすめです。「恋人のバースデー」だけでなく、一人の時間にもお試しを。少し落とした照明と一緒にロウソクを灯して音楽やDVD鑑賞はいかがでしょう。