ひとり時間を快適に過ごせる部屋

一人暮らしなのですから、誰にも気兼ねは要りません! カタいこと抜き! とにかく自分がくつろげる空間にしましょう。「ベッドに寝転がりながらテレビを見たい」「お酒を飲みながら音楽をききたい」「とことんゆっくりバスタイム」など、一番好きなことを実現できます。

その先にあるのは二人暮らし

男性でも女性でも、家族と一緒に住んでいる人より、一人暮らしの方が断然、恋人を見つけやすくなります。最初は前述のように、友達同士で家飲みパーティなどで気軽に部屋を訪れてもらえます。出会いを増やすためには、男女問わず、料理ができると強いようです。

照明にはもっと可能性がある

夜になったときに部屋を明るくするだけが照明の役割ではありません。部屋のインテリアの重要な要素として、光を取り入れましょう。また、照明で演出するためには、家具や部屋の飾りつけは少しシンプルに押さえたほうが効果的です。

グリーンを効果的に使うコツ

植物の鉢などで部屋にグリーンを取り入れると、部屋にくつろぎや爽やかさを与えてくれます。

白のペイントと布づかい

誰にとっても居心地がいい

「ナチュラル系コーディネート」は、誰にとっても居心地がよく、飽きがこないので、初心者におすすめです。家具などで木製のものを持っている人は多いはずですが、木の色とよく馴染むアイボリー系の白を足していくと調和がとれます。

小さい家具ならペイント

小さめの「椅子」「テーブル」などで、色が合わないものがあったら、白でペイントしてみましょう。自分でペイントすると少しデコボコした感じになり、小さい家具でも存在感が増して、部屋全体の雰囲気のポイントになってくれます。「捨てようかな」と思ったら、その前にちょっとアレンジを考えてみましょう。

布使いで臨機応変に

手持ちの家具などの色が多少バラバラでも、全体をまとめられる便利な方法は、「布」を使うことです。布は見せたくないモノをカバーすることができると同時に、色やデザインで部屋全体をまとめたりアクセントを加えられます。そして、気分によって取り換えることも簡単なので、賃貸マンションなどのコーディネートにはとてもおすすめです。同じ布を2か所以上に使用しましょう。

★本棚など、色が混在している場所や色の合わない家具を布でカバー
★大きな布で広い壁を飾る。
★クッションやテーブルマットに取り入れる
★間仕切りや目隠しになるように吊るす
★パソコン、ゲーム機などの上にかける